ED治療薬の効果

日本では認可されているED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。3種類勃起不全治療薬は基本的な効果は同様ですが、薬効成分はそれぞれ違うため、その個人によってED治療薬を服用した際の副作用もそれぞれ違います。

バイアグラ、レビトラ、シアリスそれぞれの効果と持続時間が違います。

バイアグラ:バイアグラは服用後30分程度で効き始めて、1時間ほどで薬剤の血中濃度がピークを迎えます。効果は5~6時間程度です。 バイアグラが効いている間は刺激があれば反応しやすいだけで、刺激がないのに勃起したり、勃起が持続的に起こったりするわけではありません。

レビトラ:レビトラは3種の中でも一番即効性がある勃起不全治療薬です。 服用後15分程度で効き始め、45分ほどで血中濃度がピークを迎えます。 その効果は5~6時間程度です。

シアリス:シアリスは3種類の中で、一番ゆっくり効き始めて、長く効いてくれる治療薬です。 服用後、だいたい1~2時間程度で効果が出始めますが、空腹で飲んだ場合には40分程度で効き始めるため、早く効いてほしい場合には空腹での服用をおすすめします。 シアリスの効果は24~36時間と長く続くのが特徴です。

ED治療薬それぞれの成分について

バイアグラ:バイアグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」です。「シルデナフィル」がどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と呼び名が変わります。例えば「バイアグラ50mg」の場合、含有しているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgですが、その中の有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれているということになります。

レビトラ:レビトラに含まれている主な成分は、有効成分であるバルデナフィルです。バルデナフィルには、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。この働きにより、男性器の正常な勃起を補助しているのです。バルデナフィル塩酸塩水和物は、白色~若干黄色がかった結晶性の粉末で、エタノール(99.5)又は水にやや溶けやすい性質を持っています。この水に溶けやすい性質はバイアグラやシアリスにはないレビトラ独特のものです。

シアリス:シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで[5mg][10mg][20mg]と呼び名が変わります。このシアリスの主成分であるタダラフィルは白色の粉末で水に溶けない性質を持っています。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と人によっても大きな個人差が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です