糖尿病とED

ペニスが十分に勃起しないため、性行為が満足に行えない状態をさします。種々の病気からも起こりますが、原因の大半は精神的なものと考えられています。最近、生活習慣病はEDを招くことを実証されることが注目されています。糖尿病とEDとはセットと言われています。今回はEDおよび糖尿病とEDの関係を説明しております。ご参考してください。

➡勃起をコントロールするのは大脳
性行為は、性欲が起こり、ペニスが勃起し、ペニスを膣内に挿入して、射精という一連の動作から成っています。これらは大脳の働きで強くコントロールされています。そのどこに異常が起こっても、勃起障害は起こります。

➡多くの場合は原因が精神的なもの
多くの場合は、身体の病気は見つからず、いわゆる心因性です。とくに新婚の場合は、精神的な原因による勃起障害が多いようです。過労、心配なども原因になります。
また、過去にセックスに失敗したことがあったり、早漏による自信喪失なども原因となります。隣室に家族が寝ているときや、配偶者に対する精神的・肉体的な不満や、誤った性教育なども勃起障害を起こしやすいといえます。

➡糖尿病の危険性
身体的な原因としても、先天性、後天性のペニスの奇形、男性ホルモンの不足による発育異常、脳・脊髄の病気などがあります。ペニスの近くに外傷があって、勃起精神がおかされたり、ペニスへ血液が十分に行かない場合もあります。糖尿病が十分に治療されずに数年以上経過したり、重症になると、しばしば勃起障害起こします。
泌尿器科の医師により体の異常が見つかれば、その治療を行います。精神的な原因による場合には、精神科医を訪れることも重要です。過労や飲酒、過食を避けて十分に休みをとり、体力をつけることも大切です。

糖尿病である生活習慣病を招くの原因といえば、生活習慣の乱れと食事の乱れです。それで、生活習慣の改善によって、EDの予防・改善する効果を期待できます。