0

妊娠を意識して初めて知った葉酸の大切さ

私は妊娠を希望するにあたって、世間一般に言われる妊活を意識してやってみました。まずは基礎体温をつける事から始まって、排卵時期を自分で認識するよう心がけるようになりました。

そして、妊娠する前に自分の体を見直す事も大事だと考え、少し肥満気味だった体重を適正体重に落としたり、体の冷え取りも意識して行うようになりました。

そんな中で、妊娠を希望する人は妊娠する前の段階から胎児の先天性奇形を予防する為に葉酸を摂取する事が望ましいという事を初めて知りました。

妊娠初期の段階で体の中に十分な葉酸が蓄えられている事が重要であるとの事です。

早速、私は妊活の一環として葉酸のサプリメントを毎日摂取する事を始めました。
食事から毎日補う事はなかなか難しいけれど、サプリメントなら手軽に必要な量の葉酸を毎日摂取できるので効率的だと思いました。

葉酸を飲み始めてから約2か月後に妊娠している事がわかって、それから妊娠4か月の頭くらいまでは葉酸のサプリメントを飲み続けました。

妊婦や今後子供が欲しいと考えている女性ですと、葉酸の話を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。葉酸は、なぜ女性にお勧めな栄養素なのかを考えていきたいと思います。葉酸は、緑黄色野菜に多く含まれている栄養素だということは名前からも分かるのではないかと思います。 この葉酸が不足してしまうと、妊娠中の女性はお腹の胎児の成長にも影響が発生する可能性があります。 ただ、極端に葉酸が不足している場合です。このような事態になると、胎児の神経の発達が正常ではないケースになることがあるのです。そうは言いましても、葉酸だけを中心に食事をしてもだめなのです。要は、バランスの良い食事をしなければいけないのです。 お腹の胎児は、何度も細胞分裂をしながら大きく成長していきます。簡単に考えがちですが、それは奇跡なのです。中には、生まれた時から障害を持っている赤ちゃんがいることも事実です。葉酸不足だと、神経管閉鎖障害や無脳症等の病気になってしまう可能性のリスクも高まります。 また、元気な赤ちゃんを出産する為には妊婦の方も健康状態が良好でなければいけません。葉酸には、赤ちゃんの成長を助けるだけではなく貧血などを予防する力もあります。昔からの言い伝えで貧血にはほうれん草がおすすめとされていますが、これは鉄分だけではなく葉酸も含まれているからではないかと思います。 以上のことから、妊娠を考える女性には葉酸は欠かすことが出来ない栄養素だということが分かったのではないかと思います。
参考:妊婦さんはご自身や赤ちゃんのために葉酸を | 葉酸サプリセレクト!

健康に産まれてきてくれた我が子を見ながら、自分が出来る範囲で胎児に良いとされる栄養素をしっかり摂取出来た事は良かったなと思います。

0

妊活の為に葉酸のサプリメント。

あまりサプリメントは飲まない方なのですが、赤ちゃんが欲しくて唯一飲んでいたのが葉酸のサプリメントでした。

葉酸って食事では取り入れずらいらしく、もし赤ちゃんができた時も、葉酸が足りないと神経や管閉鎖障害がでるといわれてるらしいです。
なので、かならず摂取していました。(赤ちゃんができたとわかった時点で飲み始めても遅いのです。
赤ちゃんはぐんぐん成長しているので日頃から摂取している事が大事ですよね)
ただ、、葉酸てニキビができやすいような気がします。私には合わなかったのかな、。
でも、おかげでかわかりませんが立派な男の子を授かる事ができたので、もう一人欲しい時も葉酸はとっていきたいと思っています。
お手頃価格なので安心して続けられますし。

葉酸って食事で摂取しようと思うと、ほうれん草2束分も食べないといけないみたいなので、本当に大変ですよね。

というか、不可能です。

妊婦さんは気を付けなければならないことがたくさんあります。

妊娠中のお母さんにはカフェインを摂取することを気をつけなくてはなりません。病院に聞いたら、カフェインは体を冷やしてしまいますが、1日2~3杯程度なら大丈夫とのことでした。   私の家飲んでいるカフェインはルイボスティだったり、スタバのデカフェの粉で淹れたコーヒーなどを飲んでいます。   スタバなどで探してみると、カフェインをカットした粉や豆もありますので、妊娠中のお母さんには嬉しいですよね。カルディではインスタントが売っていたりします。妊婦さんは便秘や血圧対策などで、特に水分を多く摂らなければなりません。   ■赤ちゃんにカフェインが良くない理由 ・利尿作用があったり、興奮作用によって睡眠不足に陥ったり、心臓の鼓動が早くなります。 ・大人に比べてカフェインを排出する機能が未熟なので、カフェインが体内に長い時間、蓄積しやすいです。 ・鉄、亜鉛、カルシウム等の吸収がカフェインによって妨げられてしまいます。 ・授乳中にカフェインを摂取すると、母乳を通して赤ちゃんにもカフェインが伝わり、興奮しやすくなってしまいます。     具体的に、これだけ飲んだらこういった特徴の症状が出るというのは、現在では研究段階の域を出ないようです。大体は1日2~3杯というのが通説のようです。   我々はコーヒー以外に飲んでいるのはルイボスティです。あれは冷めても美味しいのでおすすめですよ。   実家ではカフェインレスのものがないので、牛乳を大目に入れて飲んでいます。騒いで興奮したせいだとは思いますが、赤ちゃんの寝付きがちょっと悪くなっているんですよね。もしかしたらカフェインのせいなのかなあなんて思ったりもしていますけど、軽い感じなので大丈夫かなと思っています。
参考: http://xn--vckvb3bzb4b1c9bx056cjbtb.com/easytomake/caffein.html

なので、葉酸のサプリメントは私にとってなくてはならないサプリだと思っています。

0

色々試してみたけれど

寝室にザクロの写真を貼っておくといい、と聞いてインターネットで画像を探し、寝室の壁に貼っておきました。

毎日その写真を眺めると妊娠力が上がると聞いたので。

それからピンクサンゴを見に付けていると良いとも聞いたので、ピンクサンゴが使われているネックレスを購入して、普段から見に付けるようにしました。どちらも、多産、という意味があるのだと思います。

毎日何かを摂取し続けたりするのは面倒だし、義務になって続かなくなってしまいそうだったので、こういった買うだけ、見るだけ、というものを中心の妊活にしていました。

でも、そんな生活をしていても効果が上がりませんでした。そうすると、ふと目に入るザクロにイライラしてしまったり、サンゴを見ると悲しくなったり、と自分の精神状態が良くなくなったので、そういうのをすべてやめました。
ネックレスを捨てるのははばかられるので、見えないところにしまい、妊活を考えない、という妊活に切り替えてみたところ、あっさりと妊娠しました。

0

妊活するなら生活習慣の見直しをしましょう

妊活をしたい人は生活習慣を正しくすることが必要ですね。生活習慣を正しくすることで妊娠しやすい基盤ができると思います。
なんといってもお腹の中に一つの命を宿したいと思っているのだから、中途半端なことはやらないことです。

夜更かししたり早寝早起きしてみたり、
お酒を数日間止めてみたりまた飲み始めてみたり、そんな中途半端なことをしていては妊娠しやすいカラダにはならないでしょう。

妊娠しやすいカラダを作りたいと思うなら健康的な生活を送ることです。それを続けなくてはなりません。
夜更かしは妊活の妨げになりますから日付が変わる前に床に就くように努力しましょう。
お酒を飲むのは絶対ダメということではないけれど、飲む量を決めることやお酒を飲む頻度を決めることは必要だと思われます。

さらに、タバコを吸っている女性は妊活し始めたら禁煙しましょう。
妊娠したらたばこは吸えません。
だからタバコは妊娠する前からやめておくのが1番ですし、健康な赤ちゃんを授かりたいと思うならタバコはやめるべきです。

0

身体を中から温める!

今年に入ってから妊活を考えるようになりました。
妊活雑誌やネットで情報を調べたところ、身体を温めるのはとても大切とのこと。

元々平熱は35度と低く、冷え性でもあり基礎代謝が落ち気味だと感じていたので身体を温めるべく工夫を始めました。

まず、生姜を積極的に料理に利用するようになりました。
スープなどにすりおろしたものを加えるだけで身体がポカポカしてきます。
お水も常温のものか白湯を飲むようにしています。

冬が終わって夏になってからもこの習慣は続けるつもりです。
湯船にもじっくりつかって体の芯から温まります。

常に腹巻をして体幹、子宮近辺を冷やさないように気をつけています。
また、代謝をあげるためにホットヨガに通うことにしました。

全身から汗が出て、終わるととてもスッキリします。
続けることで代謝も上がり、体に良さそうです。

日常のちょっとしたことから妊活していけるので、まずは負担になりすぎない
程度に楽しんでいけたら、と考えています。

0

妊活中・妊娠中のサプリメント

体に必要な栄養素は食事で摂取するのが一番良いと言われますが、忙しい時などは食事だけですべての栄養を十分に取るのはなかなか難しいですよね。
そんなとき、不足している栄養素を手軽に補えるサプリメントは便利です。

さて、妊娠を考えている方や妊娠した方は、赤ちゃんのより良い成長のために普段以上に栄養バランスを気にされるのではないでしょうか。

そんな方にぜひオススメしたいサプリメント、それは葉酸サプリメントです。
葉酸とはビタミンB群に属する水溶性ビタミンで、別名プテロイルグルタミン酸といいます。
血をつくる作用があり、妊娠時には特に必要とされる栄養素で、厚生労働省も妊娠希望者および妊婦の葉酸の摂取を推奨しています。それは、十分な量の葉酸を摂取することで赤ちゃんの二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減することがわかっているからです。

ですがこの葉酸、体内に蓄積されにくいため毎日コツコツ取らなければなりませんし、熱に溶けやすいため調理法に気を付けないとうまく摂取できません。
そこで葉酸サプリメントの出番です。食事で不足する分は葉酸サプリメントで補いましょう。

ただし、サプリメントによっては葉酸以外の栄養素が含まれていたりします。妊娠中、必要以上の栄養素を摂取することで赤ちゃんに影響があることもありえますから、サプリメントの成分には十分に注意しましょう。

0

愛用サプリ!マルチビタミン・ミネラル

私は毎日、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントをとっています。タブレットタイプで水なしで摂れますし、味もよくお菓子のラムネのような感じでポリポリと食べております。

マルチビタミン・ミネラルのサプリはこの他に、タンパク質やナトリウム、葉酸やカルシウムなどさまざまな栄養素が入っており、栄養バランスの気になっている私にはちょうど良いサプリです。

飲み始めてからは、風邪知らずな健康体ですし、疲れやすい体質だったのですが、サプリメントを摂取しだしてからは、以前よりも疲れることもなく快適に過ごせています。

また、私の子供達にもサプリメントをとらせているのですが、このタブレットタイプがお気に入りで、やはりお菓子感覚で食べています。

子供達も風邪を引くこともなくこの冬は乗り切れそうです!

また、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントを飲むことで、子供達は「栄養」にも興味をもったようで、好き嫌いも減ってきたように思います。